FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2021-02-14 (Sun)
こんばんは

昨夜は怖かったです
皆様のお住まいの地域は被害は大丈夫ですか?
不安は消えませんがお体ご自愛下さいね。

今夜も⬇️からお願いします

161

 〜類〜



スイスから帰りはトスカーナに向かった。

別荘には予想していたが両親と田村が待っていた


「つくしちゃん スイスは楽しかった?」


つくしの顔を見るなり独占しようとする母親


つくし

「はい。とても!


あ!お土産届いてますか?」


先に送ったお土産をサビーナが持って来てくれた。

世界中どこに行っても親にお土産なんて買って来たこと

なかったから、両親は嬉しそうに受け取っていた


つくし

「田村さんにもあるんですよ!

でも日本に送っちゃってごめんなさい。」


「いいんだよ、田村がこっちに来てるって俺も

聞いてなかったんだから!

まさか ここでも働かせる気?」


田村

「申し訳ありません。

イタリア支社で小さなトラブルがあり2日前に来ました。

解決したのですが、社長にせっかくだからトスカーナの

葡萄を確認してから帰国しなさいと言っていただいたので


明日、専務と一緒に周る予定です。

その分、帰国した次の日はお休みしていただけますので」


え!無理

と、思ったけど帰国して休める方がラッキーだから我慢


「わかった。

もう収穫が始まっていると思うからワインの出来も聞ける 」



「そうだなついでにワイナリーもまわってもらおう。

打ち合わせしてもいいかな?」



父さんに促されて書斎に移った


この流れはつくしに聞かせたくない話があるんだろうと

予想がついた。SPの事もあったし



「やっぱり何かあったの?」


「まだ確かな事はわからないんだが

司君の記憶が戻ったかも知れないんだ。」


「え? いつ?」


「ケネディ社長を空港まで送っただろう?

あの時に見たそうなんだ

『牧野』と叫んでお前達に近づこうとした司君を」


「あの時、空港にいたんだ気づかなかった」


「睡眠薬でも打たれたらしく車椅子に乗って

意識が無いようだったと言ってた。


NYの道明寺邸はケネディ社長が見張ってくれている。

司君は変わりがないようだ」


「そう

思い出したなら黙っているはずないんだけどね

あいつは絶対につくしを取り返しに来る。」


「空港でお前達が一緒の所も見てるし

今の記憶があるならバカな事はしないとは思うが」


父さんは高校生の頃の司を知らない


「司にとってつくしは忘れるくらい好きな女性なんだ

もし思い出していたら相当後悔してるだろうね 

2人をずっと側で見て来たから俺にはわかる

司はつくしを諦められないよ…  



「類は自信がないのかい?」



「つくしを愛する気持ちは司に負けない!

つくしの気持ちも俺にあるって信じているよ

そこに不安はない。


司が正々堂々と俺たちの前に現れて

つくしに謝罪してやり直したいと言って来るなら

俺もちゃんと自分の気持ちを話す。


心配なのは

司がつくしだけしか見えなくなっていたらって事。

バカな行動をしないでくれるといいと思う。


つくしが悲しむ顔は見たくないんだ…  


「しばらくはつくしさんを1人にしないように

志乃にも伝えておく。


つくしさんにはどうする?」


つくしはきっと話しても「そう 思い出したんだ 」

くらいの反応だと思うけど


「ちょっと考えさせて… 


あきらと三条に先に話した方が良いかな

三条にはまた助けてもらう事になるな


「あのお嬢さんなら安心出来る。

あんまり考えすぎるなよ」


「そうする」


いつかはこの日が来ると思っていた


俺は負けないよ






スポンサーサイト



* Category : 瞳を見れば…
* Comment : (4) * Trackback : (-) |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: タイトルなし * by おちゃめママ
ビ◯◯さん

こんばんは
司も今回はかなり本気ですからね〜侮れません笑。

怖かったです
テレビで今後の余震余震って言うんで不安になります
仕方ないけど、精神的にきますよね

Re: タイトルなし * by おちゃめママ
あーさん

こんばんは
そうなんです…今回の司は侮れません。

2号君に彼女!衝撃笑
もうそんなお年頃なのね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する